特殊撮像特集

202006 top

お世話になっております。 日本エレクトロセンサリデバイス株式会社 営業企画室 竹迫です。
今回のお題は・・・

特殊撮像特集♪

緊急事態宣言も全国的に解除され、少し明るい兆しが見えてきましたね!
「新しい生活様式」のもと、時間がかかってもいつもの生活を取り戻したいものです。
梅雨入りも間近、湿っぽい季節ですが、気分は明るくいきましょう。

ということで、今回はちょっと面白企画。
変わり種ばかりをご紹介!特殊撮像特集♪
こんなこともできるんだなぁ~と楽しんでもらえたら幸いです。
※動画多めなので、通信環境が良好な場所でご覧いただくことを推奨いたします。

目次

照明は「明るく」するだけじゃない!
低反射照明ノンリフレクトビューとは

照明の役割は光量の増加!と先日メルマガ記事に記載させていただきましたが、そう一筋縄ではいかないのが撮像の世界であります。
金属素材で照明光を反射して画像が白とびする!などなど反射に関するお悩みは数知れず。
そんなときのために!とNEDが開発したのが「ノンリフレクトビュー」というLED照明です。
こちらは照明に特殊な偏光フィルターをかけて、光の反射を一方向へ揃えています。
それによって乱反射を防ぎ、明瞭な撮像を可能にしています。
弊社のみならず低反射照明は他社様からも発売中ですので、テカる!白とびする!などなど
反射がキーになっていそうな問題については照明に頼ってみてもいいかもしれません。

実際の例はこんな感じ↓↓
non reflect view2

ピカーッとしてしまうものには最適!っていうのがお分かりいただけるかと思います。
もちろんほかの条件がきちんと合わせこまれているのが前提ですので、うーん困った!となったら一度ご相談ください。

ノンリフレクトビューの資料請求はコチラ

ToFカメラって実際問題使えるの?
Time of Flightのスペック解説

ToFカメラって聞くけど、実際どうやって使うの?倉庫以外で使い道わからん。というお話、よく耳にします。
赤外反射を利用して、物体のxyz軸を把握するToFカメラ。
確かに現状のToFカメラ花形用途は倉庫のピッキングかもしれません。
でもでも!物は使いよう!いろいろできるんですよ~。
例えばこちらの動画ご覧ください♪

上記動画のデモは、ToFカメラをロボットアイとして使用して、バーコード読み取りを別のエリアカメラで担当させています。
デモなので簡単にしていますが、高さ別に並べさせてバーコードある面を揃えてから読み取りとか、 判定AのものとBのもので後処理を分けるとか、そういうこともできますね。
ToFカメラは自動化の夢が広がる素敵ツールですので、ぜひ検討してみてください。
※弱点は日光です!直射日光下で使用できる機種は相当限定されますので、ご注意ください。
NEDが取り扱っているToFカメラはLucid社製Heliosシリーズですが、最近Helios Flexなる組込特化型モデルが 発売開始となりました。ご興味ある方は後半のお知らせゾーン

偏光カメラってどういうもの?何ができるの?

偏光カメラも面白いカメラの一つです。同じものが全然違って見えます。
撮像すると毎回おぉ~って言っちゃうものの一つ。
「偏光」をきちんと理解していただくように記事を書くのは竹迫には荷が重すぎますので・・・、
NED簡単解説!学術的に正しいきちんとした知識は別のところから取得してください~💧

pol 1

光は波長や方向があるのは ご存じの方も多いと思います。
上のような光の反射を示した図は 理科の授業の鉄板ですよね。

pol 2

実は光にはそれ以外に 「振動方向」というものがあります。 左の光を示す矢印は光の束を示していますが、その1つの束を拡大すると、 上の図のような感じ。
簡易的に2つしか示していませんが、 実際は360°いろんな方向に振動しています。

pol 3

偏光カメラのセンサーが受光するのは そのうち1つの方向の振動のもののみ。
そして、その振動の光学特性(反射率、透過率等)はその素材によって差異があります。
この後の動画では水と砂糖水を透過させていますが、透過するものがただの水の場合と砂糖水の場合で振動方向によって、透過する/しないの差異があり、その違いを可視化しているのです。

偏光って偏光フィルターもあるよね?と思われた方、さすがです!!
偏光フィルター、NEDの営業もよく使ってます。
では偏光カメラと偏光フィルター、何が違うのか?
それは複数方向の光を受光できるか、一方向のみの光を受光するかの違いです。

henkou camera1
henkou filter1
偏光カメラ

偏光カメラは左のようにそれぞれ振動方向の異なる光を受光するセンサーを組み合わせて4つで1組になって並んでいます。
それぞれの素子で受光したデータを合成処理して、画像を出力します。
AOP, DOP, DAOPと撮像後に見たい振動方向の光の像のみを選択できます。

lens
henkou filter2
偏光フィルター

偏光フィルターはレンズにつけて 使用します。
1振動方向のみの光を通過させるようになっていますので、カメラのセンサには1振動方向の光のみが届きます。
もちろん出てくる画像も1振動方向のみ。

下のデモは、おもしろ理科実験なんかでおなじみ、水と砂糖水の判別を偏光カメラでしてみました。
人の目には透明の液体にしか見えませんが・・・

今までしていた品質検査の一部が、偏光カメラで非接触検査にできる!なんてものもあるかもしれません。
NEDももっと面白いデモが作れないか、試行錯誤を重ねています~。

Lucid Vision Labs.社新製品のお知らせ

さてさて、上記で特集してきたちょっと変わった面白カメラ。
そんなカメラの宝庫がLucid Vision Labs.社です。
1月にも新製品特集をお送りしましたが、半年たってどんどんリリース情報来ています。

まずは記事内でもご紹介しましたHelios Flex。
見てください、この設置例画像。面白すぎますね。これToFカメラですからね。
自由自在とはこのことかって感じがします。いろんな意味でカメラの枠から飛び出ちゃってます!

Tof 2mai

7月後半にはHelios第2世代モデルがリリース予定です。
より性能がアップしているのはもちろんのこと、IP67, PoE対応というさすがLucid♪という機能付き。
ToFカメラはちょっと繊細過ぎて使えない・・・と思っていた方はこの機にお試しください。

お次は防塵防水シリーズTritonから。有効540万画素を謳うSonyのセンサーIMX490を搭載した新モデルです。

triton

センサー性能の向上により、より広角での撮影に適応しています。
またSonyが車載向けに開発したセンサーということもあり、LEDフリッカー(LED撮影時のちらつき)抑制という面でも大きな進歩がありました。
既にTritonをお使いの方も、そうでない方も、デバイスはどんどん進化していますので、お試しいただく価値あり!です。

前回お知らせしていたAtlas10 10Base-Tは、開発の関係でリリース延期となりましたが、それとは別にAtlas 5GigEで、マウントなしモデルが出ました。
はじめびっくりしましたけど、コンパクトさのためなら筐体なくしちゃうことができるんですもの、マウントなしなんて余裕ですよね。

atlas

さらにPhoenix Extend Headもでました。
オプション購入すればPhoenixをびよーんと伸ばして設置できちゃう。
今までのままでも相当設置の自由度高かったと思いますけど、さらに!
さすがLucid Vision Labs.社。脱帽です。

ご興味ある方は以下のフォームからお問い合わせください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

NEDホームページリニューアル

以前より少し予告していましたが・・・やっとホームページがリニューアルしましたー!!!
新しいホームページはコチラ
かっこよくなったのでぜひ見てください☆ドヤ顔です☆笑

製品検索や製品仕様書のダウンロードが大きく変わったので、既にNED製品をお使いのお客様にも、使い勝手が良くなったと思います。
ホームページで一度ユーザー登録していただくと、仕様書・ソフトいつでも自由にダウンロードしていただけます。
特にイチ押しは製品検索ページ。わっかりやすーい!

ned hp
↑ここで条件選択すると・・・
↑こちらに検索条件に一致するカメラ一覧が表示されます♪

さらにさらに、技術サポートのお問い合わせ窓口も追加されています。 営業じゃなくて技術に聞きたい!ってときは、お問い合わせ⇒技術サポートへどうぞ。
もちろん営業宛にいただいても大体のことは営業からお返事できますので、お気軽に☆

お問い合わせから↓
技術サポートを選択
HP support

オンライン個別相談会受付中

オンライン相談会っていうけど、うちは何すればいいの?という方。
希望日時と今ちょっとこれ困ってるんだよね、ということをフォームに書いて送信ボタンを押すだけです!

詳細はあんまり話せないから・・・。まだNEDの機器使うかわからないし・・・。
なんて心配はご無用です。撮像のお悩みでも画像処理のお悩みでも、はたまた工場どうやって省力化しようかな、見当もつかないよ、とかでも構いません。

送信ボタンを押していただいた方には、一度竹迫からお電話差し上げます。
楽しくお話しましょう。メルマガの感想とか聞きたいです。
その後、そのお悩みならこちらの営業もしくは技術をご紹介しますね♪というお見合いおばさんみたいなことします。笑
うちの営業や技術はシャイボーイならぬシャイおじさんが多いのですが、技術を語らせればそれはそれは膨大な知識をお持ちなので、きっとお役立ちポイントがあると思います。

もしかしたら、それNEDだとお手伝いできないので、こちらの会社に電話とかしてみたらどうですか?とか言い出すかもしれません。
NEDでお手伝いできればそれに越したことないんですけど、業界ならではのツテもあったりするわけなので。
「情けは人の為ならず」精神でやっていますので、どんどんご連絡ください~。

相談会ご希望の方は、ご希望日時(第3希望まで)、相談内容をご記載の上、下記フォームよりお申し込お願いいたします。

申込フォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

NED 営業小ネタ

緊急事態宣言解除!ということで、制限はまだまだありつつも若干気持ちが軽くなりましたね。
しかしNEDは10月が期首、つまり7月~9月が4Qになるので、そろそろ上からの数字の追及が厳しくなり 営業はみんなひぃ~って言いながら数字の取りまとめしています・・・笑
緊急事態宣言中はNED営業も活動が制限される中、普段やりたくてもできなかったことをしていこう!ということで、動画制作に取り組み始めました。
まだ試行錯誤中で皆様に見ていただけるレベルではないのですが、 カメラやソフトの操作でここが分かりづらいよね・・・というポイントをわかりやすくみていただけるようにしたい!と普段お客様先へ説明に走り回っている営業が頑張って作ってくれています。

そんな中面白かったのが、「難しい欠陥は撮れるけど、きれいな動画は撮られへんわ・・・」とのつぶやき。
難しい画像処理や、撮像条件の調整はお手の物!なNED営業でも、 見栄えの良い、インスタ映え!みたいなのは苦手。みんなおじさんだしね・・・。笑
同じ撮影といえども、目的が違えばコツややり方が変わります。

餅は餅屋っていうけど、やっぱりきれいな画像を取るのって技術なんですよね~。
NEDは「映えるおしゃれ感」は出せないのですが、製造現場では上手に撮影できます!
現場の方々のお助けツールになる動画を作ろうと思っていますので、もう少しお待ちください♪
見ていただける状態になったら、メルマガでもお知らせしていきます。