カメラシステム

幅計測 - 欠点検出 - 位置不良検出 - 個数計数 - 表面検査 - etc...

システム導入例

当社で納入実績のあるシステムの例を紹介します。

WidthMeasure-ico

幅計測

対象部材(ゴム、鉄、フィルム、紙など)の幅を連続測定します。

WidthMeasure CAM1 001

対象部材がカメラと照明の間を通過する時に、照明からカメラへ入射する光を遮ります(遮光)。この遮光された部分をカメラに搭載されている受光素子(センサ)で感知し、その遮光された画素数と画素単位の重みからの計算で部材の幅を計測します。

WidthMeasure CAM1&2 001

幅の広い対象部材や測定精度をあげたいなど場合は、カメラの台数を増やしてシステムを構築します。

NGDetect-ico

欠点検出

対象部材を連続監視し、穴あきや異物などの欠点部を検出します。

DetectHole CAM1 001

対象部材と部材内に発生する欠点(穴あきや異物混入)部に差分がある場合に検出します。差分が大きくなればなるほど検出が容易になります。また検出できるサイズや数は装置の能力によります。

DetectFO CAM1 001

異物などの個所で、製品部(正常な部分)と差分がある時も検出ができる場合があります。

AlimentCheck-ico

位置不良検出

対象の位置を監視し、ズレなどの不良部を検出します。

MisaliLine CAM1 001

対象の各位置(エッジや中心位置)を検出し、基準との差が設定値以内であるかどうかを判断します。

*検出例

  • 部材に印刷されたラインの位置検査(左図)
  • 搬送される部材の位置検査(左下図)
  • 貼り合わせ部材の不良検出(右下図)

など

MisaliEdge CAM1 001
MisaliOBJ CAM1 001
NumCount-ico

個数計数

視野内を通過する対象製品の個数を計数します。

CountOBJ CAM1 001

量産される製品の個数を計数します。製品がカメラの視野内を通過する際に対象画素部分が、入光⇒遮光⇒入光と連続的に変化するので、その大きさや時間などで判定を行い、カウントしていきます。

Inspect-ico

表面検査装置

対象物の表面を検査し、欠点や異物などを検出します。

InspectSheet CAM1 001

測定対象物に照明光を照射し、反射光をカメラで受光することにより物体の表面状態の情報を取得し、画像処理にて検査を実施します。

InspectRotate CAM1 001

ラインセンサカメラでは円筒形状の対象物を回転させながら撮像することにより、対象物の表面を平面をして取得することが可能ですので、物体形状による陰影の影響を軽減させて検査することができます。

  • 円筒形状のワーク(シャフト部品など)
  • 球体形状のワーク

あなたは知っていますか?

当社システムは全世界で、数千以上の装置に御採用いただいています。