Matrox Imaging Library

概要


Matrox Imaging Library(MIL)は、マシンビジョン、画像解析、医用画像アプリケーションを開発するためのソフトウェアツールの包括的なコレクションです。

◆ 信頼できるパフォーマンスの25年以上の歴史を持つツールキットを活用することにより、基礎となるツールを開発するのではなくアプリケーションを解決
◆ 解析、分類、位置決め、測定、読み取り、検証のための現場で実証されたツールを使用して、最大限の自信を持ってアプリケーションに取り組む
◆ モノクロとカラーの2D画像、3Dプロファイル、深度マップ、点群に基づくベース解析
◆ SIMD、マルチコアCPU、マルチCPUテクノロジを活用した最適化により、今日のハードウェアのフルパワーを活用
◆ 単一の一貫した直感的なアプリケーションプログラミングインタフェース (API) を介して、スマートカメラから高性能コンピューティング (HPC) クラスタに至るまでのプラットフォームをサポート
◆ アナログ、CameraLink、CoaXPress、DisplayPort、GenTL、GigE Vision、HDMI、SDI、USB3 Vision インタフェースをサポートして、さまざまな方法でライブデータを取得
◆ 32/64-bit Windowsと64-bit Linux サポートにより、柔軟性と選択を維持
◆ C、C++、C#、CPython、VisualBasic 言語のサポートにより、利用可能なプログラミングノウハウを活用
◆ MIL CoPilotインタラクティブ環境を使用したプログラムコードの実験、プロトタイプ作成、生成
◆ Matrox Vision Academy オンラインおよびオンプレミスのトレーニングにより、生産性を向上し開発コストを削減


MIL X 新機能&強化
◆ 画像指向の分類のためのディープニューラルネットワークトレーニング
◆ 深層学習を使用した画像指向の分類からの粗いセグメンテーション
◆ ツリーアンサンブルを使用した特徴指向の分類
◆ ハイダイナミックレンジ (HDR) イメージング
◆ マルチコンポーネントデータのコンテナオブジェクトタイプ (3Dなど)
◆ 刷新された3D処理と解析
◆ 統合3Dディスプレイ
◆ Intel Advanced Vector Extensions 512 (AVX-512)を使用した速度最適化
◆ Arm プロセッサアーキテクチャのサポート


サポート環境
◆ Windows:
  32/64-bit Windows 7 SP1、Windows 10 (バージョン 1607 ~ 2004)
  Visual Studio 2012、2013、2015、2017、2019 (アンマネージC++、C#、Basic)
  CPython 2.7 および 3.5 (MIL X Service Pack 4 で 3.7)
◆ Linux:
  64-bit Ubuntu 18.04 LTS
  64-bit Red Hat Enterprise Linux 8(.1) およびCentOS 8 (ビルド1905)
  64-bit SUSE Linux Enterprise 15 SP1
  GNU Compiler CollectionとPython (特定のLinuxディストリビューションから)